2018年6月19日火曜日

蚕を飼っています


わー( ゚Д゚;)!! なにこの写真!!?と思った方もいらっしゃるかもしれません。


これは蚕です。
はじめのいっぽこども園では、蚕を飼っています。

5月GWも過ぎて、桑の葉が芽吹いたころ…蚕も卵からかえります。
ちいさーい赤ちゃんたちを、ひまわり組さん(5歳6歳児)たちが大切にお世話します。

桑の葉をあげて、糞をお掃除して。
蚕は少しずつ大きくなり、数回脱皮をして5~8cmくらいに成長します。

在園のお母さん達、もう触ったことはありますか?
まだの方は人生で一度くらい触ってみてくださいっ(^^♪
さすが絹糸を吐くだけあって、すべすべ~で気持ちいいのです。

こども達も手に乗せて、触って、ちいさな手のひらに命を感じて勉強中です。


そして6月も中旬をすぎた頃…
 
ついに最初の一匹が糸を吐き始めました!

写真のような紙製の棚のなかに、ひとつづつ繭ができていくのです。
最初はぐしゃぐしゃに見えるけど、一日するとうっすらと卵形に編まれた糸が見えてきます。


さて、たーくさんの蚕と 出来上がってゆく繭。それがどうなるかって?


それはまたのお楽しみです♪